シミが増えやすい秋にご用心

暑かった夏が終わり ホッとしている方も多いこの時期。

実は 秋口が シミなどが増えやすい季節でもあります。

なぜ夏ではなく秋にシミが増えやすいのでしょうか?

また、効果的な対策方法をご紹介しましょう。

秋口もまだまだ強い紫外線

記録的な猛暑となった今年の夏、一歩出ればギラギラと照り付る太陽に 毎日フル装備でUVケアをしていた方も多いのではないでしょうか。

そんな方が注意すべきなのは 9月から10月といった秋口。

暑さも落ち着き 日差しも徐々に和らいでゆきますが 実はまだまだ紫外線量が多い時期でもあります。

また、涼しくなって外出しやすくなる時期に シルバーウィークといった連休も重なります。

猛暑の夏場よりも 外に出る機会が増える=紫外線を浴びる機会もぐっと増える時期になるのです。

ですので 真夏のようなフル装備でのUVケアをきちっと心がけることが必要です。

屋外に長くいるという場合は こまめに日焼け止めを塗り直す、帽子なども活用するようにしましょう。

秋口の乾燥がシミを加速させる?

日ごとに涼しくなる秋は 空気も徐々に乾燥してきます。

夏場の湿気が辛いという方にとっては 快適な季節ですが、実はこの乾燥もシミを加速させてしまいがち。

私たちのお肌は、紫外線の影響でメラニン色素ができても お肌の代謝サイクルで徐々にこのメラニン色素が剥がれ落ちてゆきます。

ですが、乾燥トラブルを抱えたお肌は この代謝サイクルが乱れてしまい、ずっとメラニン色素が残ってしまいやすくなります。

そうなると お肌にポツっとしたシミとなって残ってしまうのです。

このようなシミをケアするには、まずは保湿をしっかり行うことが重要です。

乾燥が進む秋口は 何はともあれ保湿ケアを万全にしましょう。

夏場よりも 多めにスキンケア製品を付ける、あるいは高保湿タイプのものに切り替えるなどしてみましょう。

その上で 気になる箇所に シミ用のクリームをつけるなどしてケアしてゆくようにしましょう。

シミ対策には積極的な予防も

シミは濃く残ってしまうと ケアが大変ですよね。

ポツっと薄いうちにケアすることが重要です。

さらに言うと、シミは作らせないように予防を万全にしておくに越したことがありませんね。

日焼け止めや帽子・日傘などを使って物理的に紫外線をブロックすること以外にも 日常生活でできるケア方法があります。

それは バランスの良い食生活です。

揚げ物やファストフード中心の生活は 胃腸に負担をかけるだけでなく、美肌のための栄養素が不足しがちです。

お野菜を中心とした食生活を心がけましょう。

野菜から美肌に必要なビタミン類をしっかり摂ることができます。

お肉も 脂身は避けて 良質なたんぱく質を意識して食べるようにしましょう。

最近ではデリやコンビニでもお野菜の総菜が簡単に手に入ります。

自炊が難しい、食事の準備が大変という方も、このようなものを活用してビタミンを意識して摂るようにしましょう。

ビタミン類で美白のために一番多く摂りたいのがビタミンC。

食事やフルーツだけで 毎日大量に摂るのはちょっと難しいかもしれません。

飲み薬などを活用して 上手に摂り続けるようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする