シミをつくらない・予防するための紫外線対策

シミを飲み薬やクリームなどでケアする際に気を付けたいのが 紫外線対策。

せっかくシミを消したくてクリームを使っているのに うっかり紫外線に当たってしまってシミを増やしてはもったいないというもの。

シミの予防は紫外線対策から

紫外線対策は万全だわ!と自信があるという方でも 思わぬところでお肌を紫外線にさらしていることがあります。

うっかり浴びた紫外線がそのシミを作ってしまったのかもしれません。

UV対策を見直すポイントをご紹介しましょう。

日焼け止めはムラなく、たっぷりと

外出時には必ず日焼け止めを塗っているのにシミができてしまう、という方は 日焼け止めをつける量が足りていないという場合があります。

日焼け止めはメーカーなどによって 使うべき量は様々です。ですので 説明書などをよくチェックして 適量を使うようにします。

一般的に顔につける場合は乳液タイプの日焼け止めなら500円玉硬貨分、クリームタイプならアズキ粒2つ分程度、と言われています。

普段 これよりも少ない量しか使っていないという方は 十分な対策ができていない、ということになります。
でも、規定量をお肌につけると ちょっと多い感じがしてしまう、という方もいるでしょう。

日焼け止めはしっかりつけるとお肌に圧迫感がある、ベタついたり白浮きするので苦手、という方も決して少なくありません。

最近では 日焼け止めも種類が増え、軽い使用感のものも多くなっています。

いくつか試してみて しっかり塗っても気にならないものを使うようにしましょう。

また、しっかり塗っているつもりでも 日焼け止めは塗りムラができてしまいやすいので注意が必要です。

1回付ける量を2度にわけて重ね塗りするように使うと 比較的まんべんなく塗ることができます。

日焼け止めは塗り直しが必要

日焼け止めは 朝つけても 汗などで落ちてしまい徐々に効果が落ちてしまいます。

ですので 紫外線をしっかりガードしたいのでしたら 数時間おきに付け直す必要があります。

ですが、外出先では そうそう日焼け止めを塗り直すのが難しいということもありますよね。

そういう方は メイク製品もUV対策効果のあるものを使うのがよいでしょう。

メイク直しの度に 日焼け止めを軽く塗り直しているようになります。

ファンデーションは UVカット機能のあるパウダーファンデーションか 微粒子入りのリキッドファンデーションがおすすめです。

パウダー、微粒子が 紫外線を反射してくれるので よりUV対策効果があります。

UV対策アイテムで紫外線をブロック

降り注ぐ紫外線は 日傘やUV衣類などで対策することもできます。

特に日傘は種類も増え、紫外線をカットする特殊な加工をした布でできているものなどが種類になってきています。

上手に使えば 顔だけでなく うなじや腕などの紫外線対策に使えますので 是非活用してみることをおすすめします。

日傘で気を付けたいのが 紫外線は地面から反射されて顔に届くことがあるという点です。

こればかりは UVカットマスクなどを使って防御するようにしましょう。

また、一般的な日傘のUVカット生地は 寿命が2年ほどと言われています。
お気に入りの日傘で 長く使いたい、ということもあるかもしれませんが この期間を目安に適宜買い替えるようにしましょう。

UV対策衣類で紫外線対策

最近では UVカット生地でできた手袋やアームカバーも沢山発売されています。

手の甲や腕のシミは 老けた印象を与えてしまいがちです。

手の甲や腕に日焼け止めをしっかり塗るというのは毎日は難しいものがありますね。

ですので 手袋などを上手に活用することをおすすめします。

また、UVカット機能のついた長袖のカーディガンやパーカーなども増えています。

背中やえりもとも しっかり紫外線対策をしたいという方は 活用してみることをおすすめします。

こちらも 生地のUV効果の寿命や衛生面などを考えて 2年程度を目安に使うようにしましょう。

オフの日にすっぴんで過ごす際の注意点

外出時は 日焼け止めをつけて日傘も使って、と万全な方も お休みの日に油断をしがちです。

お肌を休めるために すっぴんで過ごしている時に うっかりベランダに出たり ゴミ出しに行ったり。

ほんの数分でも 紫外線はしっかりお肌に降り注いでいます。
こういった積み重ねがメラニン色素を増やすきっかけになるので注意が必要です。

オフの日はいつもの日焼け止めは使いたくない、という方も 軽いUV効果のある乳液ジェルなどでお肌を整えるようにしてみましょう。

また、庭先に出る時などでも帽子を活用するなどして しっかり対策をするようにしましょう。

また、室内でも 紫外線はガラスを通して入り込んできます。

日当たりのよい部屋で過ごすという場合は 軽いものでいいので 日焼け止めを付けておくほうがよいでしょう。

また、ガラスはUVカット機能のついたカーテンなどで対策をする方法もありますし 最近は紫外線用フィルムなどもあります。

上手に活用して オフの日も安心して過ごせるようにしてみて下さいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。