シミには飲み薬がおすすめの6つの理由

できてしまったシミ!

シミのケアには 美白化粧品を使ったケアを思い浮かべる方も多いと思います。

ですが 最近では シミのケアには選択肢が増えています。

その中でも飲み薬での美白ケアに注目が集まっています。

シミには飲み薬でのケアが一番おすすめです。

数ある美白ケア方法の中でも 飲み薬でのケアがおすすめの理由をご紹介しましょう。

飲み薬なら肌の内側からシミに効果的にアプローチ

シミができてしまったお肌には 飲み薬ならお肌の内側へ美白成分を効果的に届けてくれます。

シミの飲み薬の主成分はビタミンCやアミノ酸の一種であるL-システイン。

この中でも ビタミンCには できてしまったメラニン色素を無色化させてゆく働きで知られています。

また、シミそのものができにくくなる抑制作用や 肌代謝をサポートする働きもあります。

シミのケアをお肌の外からだけでなく、内側から美白成分を補給することで 効率的にシミのもととなるメラニン色素対策ができるのです。

飲み薬でシミができにくくなる効果も

シミの飲み薬の主成分であるビタミンCには 活性酵素を抑える働きがあります。

この活性酸素とは何かと言うと 体を酸化させてしまう成分で、増えてしまうことでシミやシワといった老化の原因になります。

ビタミンCには この活性酵素に対抗する抗酸化作用があります。

つまり、体にしみやシワができやすくするのを防いでくれるのです。

ビタミンC配合の シミの飲み薬は、飲み続けることでシミやくすみなどの予防対策にもなるのです。

シミが気になる時だけでなく、年間を通じて活用することで シミが目立ちにくいお肌づくりを目指すことができます。

お肌のターンオーバーをサポート

私たちのお肌は 一度シミができてしまっても、肌代謝つまりターンオーバーのタイミングでお肌のメラニン色素が古い皮膚と一緒にお肌の外に排出されてゆきます。

ですが、この代謝サイクルであるターンオーバー周期が乱れると いつまでもメラニン色素がお肌に残り、頑固なシミとなるのです。

シミの飲み薬に配合されているL-システインには、ビタミンCと一緒に働くことで このターンオーバーの正常化をサポートする働きがあります。

正常なターンオーバー周期は 健康的な肌でおよそ4週間。

このターンオーバーを何度も繰り返すことで お肌のシミやくすみが徐々に気にならなくなってゆくのです。

そのため シミの飲み薬は2か月、3カ月と飲み続けることで より効果が実感しやすくなっているのです。

シミ用の飲み薬は医薬品

シミ対策にはビタミンC や L-システインが効果的ですが、こういった成分が配合されているサプリメントも沢山発売されています。

飲み薬もサプリメントも似たように見えるかもしれませんが、決定的な違いがあります。

それは シミの飲み薬は 厚生省からその効果を認められ認可されている、という点です。

サプリメントは効果について認められていないもの、ということです。

ですので どうせ飲むのでしたら 飲み薬のほうがより効果が期待できるということになります。

もちろん その違いを分かった上でサプリメントを活用するという方法もあるでしょう。

メーカーによっては 独自に開発した美肌成分を配合したサプリメントなどもあり、人気となっているものもあります。

ですが、サプリメントにも 中には医薬品、つまり飲み薬と紛らわしいパッケージのものなどもあります。

よくチェックしてから購入するようにしましょう。

しみの飲み薬は重篤な副作用の心配がない

シミの飲み薬は 一定期間以上飲み続けることで効果が期待できます。

そうなると気になるのが副作用ですが、一般的にシミ用の飲み薬は第三類医薬品という分類になっています。

この第三類医薬品というのはどのような薬なのでしょうか。

市販されている医薬品は 副作用の危険性が高いものから 順番に第一類、第二類、第三類と分類されています。

その中でも第三類は医薬品の中でも 最も副作用の心配が低いという位置づけのお薬。

ですので用法用量をきちんと守ることで安心して飲み続けることができます。

美白の飲み薬でも 一部気を付けないといけないののがあります。

肝斑ケア用の飲み薬はトラネキサム酸という止血作用のある成分が配合されています。

そのため 第一類医薬品と分類されており、飲む期間などが厳しく定められています。

肝斑用のお薬の場合はこの点を特に気を付けるようにしましょう。

飲み薬は皮膚科でのシミ治療でも処方

ビタミンC成分が主体の飲み薬は 皮膚科のシミの治療などでも処方される場合が多くなっています。

これは お肌の内側から美白成分を届けることが シミ対策に効果的なためです。

つまり、医療の現場でもシミへの有効性が認められているのです。

ですが皮膚科でのシミ治療は自費診療となります。

ですので 飲み薬を処方してもらうだけでもとても高額になります。

同じビタミンC主体の市販のシミ用の飲み薬なら、手軽な価格のものが多くなっています。

割引制度などで初月は2,000円を切る価格のものもあります。

まずは試してみたいという方は こういったものを利用することをおすすめします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする