メイクでシミが増える?

メイクは 紫外線ケアも兼ねてシミ予防のためになっているような感じがありますね。

ですが、メイクもやり方次第では シミを逆に増やしてしまうことにもなりかねません。

メイクでシミが増えるケース、そして シミやくすみ、黒ずみが起こりにくいメイク方法についてご紹介しましょう。

メイクでシミが増えるって本当?

出かける際には欠かさずにメイクをするという方も多いでしょう。

そのメイクが シミを増やす原因になっているとしたら大変ですよね。

でも、UVカット機能のついたファンデーションを使っているのに ポツポツとしたシミが増えた・・という経験がある方もいるのではないでしょうか?

メイクでシミが増えてしまう仕組みについて検証してみましょう。

ファンデーションがシミの原因に?

メイクといえば 土台となるのがファンデーション。

UVカット機能のついたファンデも増えていますので、メイクと紫外線ケアが一度にできて便利になってきました。

ですが このファンデーションがシミの原因になることがあります。

それは お肌に合わないファンデーションを使い続けているという場合です。

お肌に刺激になる、使うと肌に違和感があるファンデーションは 何らかの原因でお肌に負担をかけています。

そのような負担は お肌にとってはストレスとなりますし、肌バリアを壊したり肌乾燥の原因にもなります。

その結果 紫外線の影響を受けやすくなりシミができやすなってしまうのです。

高かったファンデだから もったいない!

あるいは

仕上がり感が一番気に入っているから

ということで 合わなくても使い続けてしまうことがあるかもしれません。

ですが、お肌の健康やシミ対策のためには まずはお肌に負担をかけないファンデーションを使うことが重要です。

最近では 美容液が配合されていたり、肌に刺激になりやすい香料などが無添加で より負担が少なく使えるファンデーションが増えています。

このようなものも検討してみることをおすすめします。

また、お肌に負担になりくいクレンジングで 毎日メイクを落とすことも忘れずに行いましょう。

ファンデーションのUVカット機能を過信しない

最近のファンデーションは UVカット機能がついているものが増えています。

日常生活での紫外線ケアに十分な数値のものが多いので いつもの通勤や ちょっとした買い物などはメイクだけでカバーできますね。

ですが 屋外で過ごす時間が長い日や旅先などでは ファンデーションだけでは紫外線ケアが足りないこともあります。

そういった場合はしっかり日焼け止めを使ってからメイクをするようにしましょう。

また、メイクも時間とともに落ちてしまうものですよね。

ですので 日中にメイク直しをしっかり塗り直して お肌をガードすることも重要です。

UVカット機能のファンデを使っているから、ということで油断しないようにしましょう。

ポイントメイクがシミに?

アイシャドウなどのポイントメイクは 時として うっすらと茶色に残ってしまい シミのように見えることがあります。

このような色素沈着は まずはポイントメイク用のベースをつけてからメイクをすることが重要です。

そしてポイントメイク専用のクレンジングで毎日きちんと落とすことが重要です。

メイクを落とす際には 優しくふき取る、あるいは洗い流すようにしましょう。

目の周りは皮膚が薄いので コットンなどで強くこすらないように気を付けましょう。

こすることで 肌に刺激となり 黒ずみになることがあります。

メイク時の摩擦がシミに?

メイクをする際に ファンデーションをスポンジでお肌にこするように付けたり、チークやシャドウを押し付けるようにつけてはいませんか?

このようなメイクの方法は お肌にとって摩擦となります。

摩擦は お肌にとって大きな負担となり、乾燥しやすく外部からの刺激に敏感になりやすくなる原因になります。

そして 黒ずみなどができやすくなってしまいます。

ファンデーションなどは スポンジでゴシゴシと塗ったり 肌に押し付けたりせずに、やさしくお肌をすべらせるようにつけるようにしましょう。

また、チークやパウダーをブラシで漬ける場合は 穂先がお肌に当たると刺激になることがあります。

チクチクとした刺激が 黒ずみなどの原因になってしまうのです。

穂先は やや横に寝かせるように使うようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする