シミ消しクリーム おすすめの美白成分

シミのケアには お肌の外側からクリームで美白成分を浸透させる方法があります。

美白成分入りのクリームを使ったシミのケアは、皮膚科での治療でも採用されるケア方法。

シミ消しクリームの美白成分はさまざま

しみ消しクリームの美白成分はさまざま。

よく知られているものがビタミンCですが、最近では皮膚科処方の塗り薬に処方されているハイドロキノンやアルブチンなども話題になっています。

これ以外にも メーカーが独自に開発した美容成分が配合されているものもあります。

どの成分にも特徴があります。

代表的なシミ消しクリームの美白成分をご紹介しましょう。

ハイドロキノン

ハイドロキノンは皮膚科で処方されるシミ治療用の塗り薬に配合されている美白成分として知られています。

漂白剤と言われるほど強い美白効果が期待できる成分としても有名で、欧米では美白治療で使われてきた長年の歴史があります。

日本では長らく皮膚科処方薬にのみ配合が認められてきましたが、2001年より市販の化粧品への配合も認可されました、

それにより 様々な市販のシミケア用クリームに このハイドロキノンが配合されるようになっています。

ハイドロキノンは強い美白効果が期待できますが、パワフルな働きでお肌にとって刺激になりやすいという一面があります。

ですので お肌に優しく処方されているクリームを使うようにしましょう。

また、市販されているシミケア用クリームは、皮膚科の処方クリームよりもハイドロキノンの濃度が低く定められています。

ですので よりお肌にハイドロキノンが浸透しやすいように工夫されて配合されているものを選ぶようにしましょう。

アルブチン

アルブチンは、美白効果の高さと お肌への刺激のなりにくさで人気のある美白成分。

1989年に厚生省から認可された美白成分で、日本ではハイドロキノンよりも長い歴史があります。

アルブチンはハイドロキノンとブトウ糖が結合してできた成分。

お肌に浸透するとハイドロキノンのように美白作用を発揮しますが、よりマイルドに作用をします。

そしてアルブチンには メラニンが活性化する源となる酵素チロシナーゼを抑える働きもあります。

アルブチンにはαとβの2種類あり、αアルブチンのほうが より美白効果があると言われています。

そしてお肌に刺激になりにくく、長期間の使用もしやすい成分として定評があります。

ですのでアルブチン配合のクリームを通年利用することで シミのケアだけでなく予防ケアを行うことができます。

ビタミンC

ビタミンCは もっとも有名で私たちにとって身近な美白成分ですね。

ビタミンCには シミのもととなるメラニン色素を無色化するだけでなく、シミができるのを抑制する働きがあります。

さらに、お肌の代謝サイクルが正常化するのをサポートして できてしまったメラニンがお肌の外に出てゆくのを後押しする働きがあります。

ビタミンCは シミ対策だけでなく、コラーゲンがお肌の中でできるもととなるなど美肌全般への効果でも知られています。

ですが、そのままでは不安定という一面があります。

ですので お肌につけて利用する場合は安定化させたビタミンC誘導体配合のクリームを選ぶようにしましょう。

ビタミンCは身近な食材などにも多く含まれる成分ですが、果物の薄切りなどをそのままお肌につけることはやめましょう。

というのも 柑橘類や野菜の一部にはソラレンという光毒性のある物質も含まれているためです。

生の食物を直接お肌につけることは避けて、必ず精製されて安定化されたビタミンCを活用するようにしましょう。

プラセンタ

プラセンタは胎盤から抽出された成分。

生命が育つ器官の成分であるプラセンタには、豊富なアミノ酸だけでなく成長因子 つまり細胞が増えてゆくのをサポートする成分が含まれていることでも知られています。

具体的に言いますと、プラセンタは お肌のターンオーバーを活発にする働きがあります。

ターンオーバー、つなりお肌の代謝は シミが気になるお肌にとても重要です。

ターンオーバーが正常に行われているお肌の場合 メラニン色素ができても、この代謝のサイクルで古い皮膚と一緒に排出されてゆくからです。

シミが目立つお肌というのは、このターンオーバー機能が乱れ、古い皮膚が残っている証拠。

ですので プラセンタでお肌のターンオーバー正常化を目指すことで シミ対策ができるのです。

プラセンタはビタミンCと同様に美肌効果が高いことでも知られています。

美白ケアだけでなく アンチエイジング対策にプラセンタの配合されたクリームや美容液を活用する方が増えています。

シミ消しクリームは試してみて合う成分を見つけよう

シミ消しクリームには、有効成分として認められている成分以外にもメーカーが独自に開発・発見した成分が配合されているものもあります。

厚生省から認められた美白成分でなくても、効果が実感しやすいものや、敏感肌の方にも特に使いやすい成分が配合されたシミ消しクリームもあります。

また、妊娠中や授乳中の方でも より安心して使えるシミ消しクリームもあります。

どの美白クリームを使う場合でも、まずは少量をお肌にのせて試してみることが大事です。

使ってみて 刺激にならないものを続けるようにしましょう。

特定の美白成分が合わなくても 別の成分なら合うという場合がよくあります。

まずは いくつか試してみてから選ぶことをおすすめします。

コメントの入力は終了しました。